なんたんユースHUB

なんたん地域の不登校・ひきこもり支援

学びの森は、2005年より京都府の不登校・ひきこもり支援事業に関わり様々な活動をおこなってきました。その一環として2016年には「なんたん子ども若者ネットワーク会議」、2017年には「なんたんユースHUB」を組織し、官民の垣根を越えた連携の下、なんたん地域の不登校・ひきこもりに関する問題解決をめざしています。

なんたんユースHUBとは…

「なんたんユースHUB」は、京都府ひきこもり訪問応援「チーム絆」事業の取組みとして、「教育」「家族」「就労」「福祉」の各領域の団体が連携して、南丹地域で不登校やひきこもりなどに関する支援の円滑化・高度化をめざして設置された「なんたん子ども若者ネットワーク会議」が提供している支援を統括し、個々人に沿った支援をご提案する取組みです。

「不登校で悩んでいる」「学校を辞めたり、卒業してからひきこもってしまった」「仕事を辞めた後、ひきこもっている」など、不登校やひきこもりに関する相談があれば、下記の各団体までお気軽にご相談ください。

なんたん子ども若者ネットワーク会議(なんたん子若会議)とは…

京都府の脱ひきこもり事業の一環として、「不登校」「ひきこもり」をキーワードとして集まった南丹地域の行政、民間支援団体からなるプラットフォーム会議です。約30団体が年2回集まり不登校やひきこもりに関する情報共有をおこなっています。